大腸がん予防の秘訣は、毎日の食生活にあり

病院

早期発見の工夫と動向

先生

がんは人によって発症箇所が違いますが、女性がなるものに卵巣がんがあります。これは便秘を解消することで予防することも可能です。また全てが悪性のものとも限らないものでもあります。

脳の良性腫瘍

先生

聴神経腫瘍は聴神経を取り囲む周りの細胞から発生するため、初期症状は聴力の低下、耳鳴り、めまいなどです。ゆっくり成長する腫瘍であるので、診断後は経過観察、放射線治療、外科手術の三つの方法のうちいずれかを選ぶことになります。

一番なりやすい癌

中高年世代に多いとされる大腸がんの症状はいくつかのステージに分けることができます。症状によって治療方法も異なる場合があります。

辛い潰瘍性大腸炎の症状を緩和させるKEYになる漢方をここで見つけませんか?健康体を取り戻すことができますよ。

なぜなりやすいのか

先生

大腸がんは近年女性の癌で一番なりやすいとされて来ました。男性の場合肺癌なども同程度でしたが、社会全体がたばこの影響を気にしはじめ、肺癌全体の発症率が低下してきました。それに伴い男性でも大腸がんにかかる方がかなり増加し、今では男女共のもっともかかりやすい癌の1つです。大腸がんになる主な原因は食生活と運動不足です。即ち治療法は生活習慣病の改善方法と同じで適度な運動と、油、便秘の解消などが中心となってきます。大腸がんは自覚症状がほとんどなく、何かおかしいと思った時には全身に転移していることも多いです。大腸は栄養と水分を吸収することを目的とした臓器であり、がん細胞が血液に入りやすいためだと考えられています。

予防法

大腸がんの予防にはまずは大腸の環境を整えることです。便が詰まっていると大腸粘膜の修復ができず発がんするリスクが高くなります。また油の多い食事やタンパク質によっても発症しやすいとされています。しかしこの場合も便が詰まっていないと修復がきちんとされるため、かなり発病率が低下します。便秘解消には食物繊維と軽い運動が大切です。食物繊維は大豆製品や野菜類、芋類などをバランスよく食べることがお勧めです。軽い運動は天気のいい夜に半時間ほどジョギングすることや近くのスーパーまでであれば歩いて買い物に行くなど日常生活を少し気を付けるだけでよく、ジムに通う必要は特にありません。食事も朝からしっかり食べ、夜は食物繊維の多い食事で翌朝の快便を促す食事にするといいです。

一番患者数の多い難病

先生

潰瘍性大腸炎の主症状は腹痛や下痢、下血です。原因不明で、完治もできません。しかし、有効な薬物治療が存在します。症状の出ない寛解期になれば、普通の生活を送ることができます。 医師の診断のもと、きちんと薬を服用して、潰瘍性大腸炎をコントロールしましょう。